四月の便り


   四月も・・・・これだね・・・これだよね
・・・満足の一品、蓼科牛・・・ステーキ・・ 
地産地消は・・・・蓼科牛・・・だよね 
蓼科牛 を、ガッツリ食おう・・・  


ステーキは焼き方が決めて・・塩加減、焼き加減をプロの腕が決める
・・・当然味が違う
 サーロインステーキ 200g   ¥3,800         
      サラダ・ライス・コーヒー付き
 サーロインステーキ 100g    ¥2,000 
      サラダ・ライス・コーヒー付き    

 テンダーロインステーキ 200g  ¥5,000
    サラダ・ライス・コーヒー付き

桜の開花が身近に聞こえる今日この頃です。
桜の花はわが国民にとって、身近に感じる春便りのようです。
春の到来は大地から力強く芽をふく
蕗のとう、とか福寿草よりも強烈に・・である。また、日本人は心から桜をこよなく愛している国民のようです。季節感を味わう感性は、人それぞれ区々であろう。
でも、こういった話題提起の際には、少数の感性は相手にされない。人は三月の声を聞けば、南から訪れる桜前線を待つ準備を整えるのである。
待ち遠しく待ち続ける春は、実にいい・・。春は、曙・・なのである。
 
 春到来の一番乗りは、なんといっても春の選抜高校生野球であろう。
湯気ホヤホヤの出来立て三年生を中心に、若人が集い競う甲子園野球である。
誰もが何年前いや何十年前に、味わったことのある高校生なのである。
彼らは遮二無二頑張るしか頭にない。体がそう仕向けさせるのである。
そう、そんな時代もあったよね、ではない。幾つになっても、何が起ころうと、前に向って熱く我武者羅に頑張るしかないよう、である。
彼らは「それを伝えに」甲子園に集い競うのである。

人はいつの日か年を取り老いて動けなくなる。老人は動きが鈍くなり、その場を動かない時間が長くなる。
動けない現実に動けなくなり、夢まで見なくなるようだ。
桜の花を見ても、来年また見えるかね、と思うようだ。桜の木は老木になっても、毎年しっかり咲き誇ろうしているのに・・。人はそこから何一つ学ぼうとしないのがよくわかる。今までなんとなく頑張ってから、面倒くさいのであろう。
私はそんな無気力で元気のない年寄りになりたくない。
なにがやり尽くしたのだろう。人生は生と死の限りある、短く太く流れ行く川のようなもの。最後は海なんかに辿り着けるものではない。生まれたら死ぬまでも話。
人の生とは、生と死の間をどう生きたかを確かめる期間なのだ。
さあ、今日も明日も頑張って生きましょう。
[PR]

# by pepe_info | 2014-04-08 08:16  

三月の便り

ソチ三月・・29日<土曜日> ステーキフェアー
<オースト・サーロイン>
サーロインステーキ  150g      ¥900
  通常価格 ¥1,200      ライス付き
サーロインステーキ  250g     ¥1,500
  通常価格 ¥1,900      ライス付き

ジューシーな蓼科牛を、ガッツリ・・・

ステーキは焼き方が決めて・・プロが焼き上げるステーキ・・・当然 味が違う
 サーロインステーキ 200g   ¥3,800
      サラダ・ライス・コーヒー付き
 サーロインステーキ 100g    ¥2,000
      サラダ・ライス・コーヒー付き    

二日か三日短いくせに、やけに長く感じられ疲れ果てた二月が、ようやく終わりを告げようとしている。
なんのことはない想定外どか雪から、雪かきに追われたからである。
降りに降り積もった雪、雪、雪・・。
人々の日常生活を根こそぎシャットアウト食らわした雪であった。
気がつけば農作物に多大な被害を見舞わせたようだ。
悲しみにくれる農家の心境は、察しあまるところである。
当たる場所もなく雪を恨んでも始まらない。
掻いても、掻いてもどんどん積もる。
山も野原も綿帽子かぶり、人もコタツで丸くなる、のなす術なくした弱き市民であった。
 一方、ロシアソチでは四年に一度のオリンピックが華やかに開催された。
寒いロシアのイメージを裏切るかのように、少ない積雪と高温の中でアスリート達が白熱した競技を演じた。世の中はままならない、とはまさにこのことであろう。
アメリカの豪雪状況をメディア報道により、悲惨さを目の当たりにし他人事のように見ていたのも事実であった。
まさかわが身に豪雪が襲い掛かるとは、予測外の事であった。
この現象は太平洋低気圧の異常発が原因らしい。
降らなくともよい場所に一メートル超える積雪量をもたらしたのだ。
人の予測データーは予報を持っても覚悟するだけに止まり、どうすることもできない悪天候など避けられないのであった。 
豪雪後の苦しみは除雪を持って味合わされる。
半端でない雪の量は、雪国さながらの体験を実感させた。
雪に弱い文化生活をマジに見せつけられたようである。
荷が届かずパニくるスパー・ゴンビニの棚は・・丸々二日以上空っぽ。
幹線道では三日も四日も車が立ち往生。
便利さとは、不自由さと背中合わせ、なのである。
人と人が戦い勝利を手にし、喜び勇む競技・・。
他人に見てもらい、始めて満足手にするお洒落・・。
人に食ってもらって、美味しいと褒められ喜べる料理・・。
人が居なければ何も起こらないのである。
人の見方は人しかいない、ようである。
困った時は知らん顔の自然である、人との繫がりの重要性が問われるようである。
けれど大自然の様相はまったく違う。

───PePeの簡単基本クッキング───
 
今回はバケットパンを使ったカリカリ感触サラダ
1、 バケットパンはサイコロ状にカットし、鉄板に並べオリーブオイルをふりかけ、軽く合せかき混ぜ、180度のオーブンに入れ十分空焚きする
2、 1を冷ましておく
3、ドレッシング作り・・・ボールにオリーブオイル大さじ三杯用意し、レーズンを入れ塩コショウにて味を調える。
4、3にオレンジの皮を摩り下ろし入れる 
5、オレンジの皮を剥き房ごとにばらす
6、ミックスハーブとレタスを合わせておく
7、6に4を振り掛け軽くサックリ合わせる
8、5と2も合わせ、軽くコショウを振り掛け、頂く
 サクッとした感触サラダを召し上がってみてください。     
[PR]

# by pepe_info | 2014-03-05 09:04 | 雑記  

2月の便り

肉の日 29日 ステーキフェアー
<オースト・サーロイン>
サーロインステーキ  150g      ¥900
  通常価格 ¥1,200      ライス付き
サーロインステーキ  250g     ¥1,500
  通常価格 ¥1,900      ライス付き
   
二月も・・・・これだね・・これだね
・・・満足の蓼科牛・・・ステーキ・・ 
地産地消・・・・蓼科牛・・・真っ最中  
蓼科牛 を、ガッツリ食おう・・・
ステーキは焼き方が決めて・・塩加減、焼き加減をプロの腕が決める
・・・当然味が違う
サーロインステーキ 200g   ¥3,800       
サラダ・ライス・コーヒー付き
サーロインステーキ 100g    ¥2,000 
サラダ・ライス・コーヒー付き 


二月  楽譜に書かれた小節のように一月から二月へと、ごく自然にすごくスムーズに当たり前に、一小節が終え次の小節に移るカレンダー楽曲である。
それは誰にも見えない誰も覗けない譜面であり、誰も見ようとも思わない己だけのメロディーである。
この迎えし新小説二月をどう書き綴ろうが、時に支配され追われても・・自由。
前向きに書き綴るしかない、やり直し利かない一二月組曲である。
満足できる組曲に仕上げたい思いつつ、きっと春楽章、夏楽章、秋楽章、そして冬楽章とまた一つの楽曲が作られてしまうのだ。
多少他人にハッタリ目線を食らわしつつ・・。
 二月は二十八日で終わる、ちょっと短く損した気分になるは、私だけであろうか。
くくられた一年は365日と決められている。
誰が決めたか365日の十二分割である。
偶数を奇数で割るのだから割り切れない、どこかで操作し帳尻合わせなければならない。
この怪しげなカレンダーは世界をも支配する実力者なのだ。
時の刻みと肩並べる・・キングアーサーなのである。
しかし人は時を満足という形で操作したつもりになれ、自由に365日一年を駆け巡れる。
 でも昨今、既に信じられない事件が多発している。
人は自分だけの時間作成を見失ったのか、他人を許さず、他人を傷つける行為が多発。
ただ社会に迷惑かけつつ、さ迷い歩いているように見えてしょうがない。
鬱積された不満を解消するかのように、ひたすら他人に迷惑かけることばかり考えているみたい。
意味もなくグレーゾーンへ突入しているようだ。
人はどうにも広い気持ちになれず、高い目標が持てないからであろう。
それはにっちもさっちも行かない現実という、時の刻みに押し潰され負けてしまっているからであろう。
他人と比較する了見狭い心の苦しみ、恵まれた状況に不満抱く天井知らずの心、完全に支配され振り回され洗脳されてしまったからだろう。
人は溢れんばかり情報に洗脳されず、強烈なる自然の猛威に逆らわず、耐えて楽しみを探し求め自分流メロディーを探さなければならない。

サラッとクッキング
スーパーで市販されているゴボウ真空パックを用意する
パックを開封しキッチンペーパーで水分を取る
中温の油で30秒間・・・ゴボウがカリッとするまで揚げる
バットにキッチンペーパーを引き、おきそこに救い上げる
その上から塩を軽く撒き散らし、冷めるのを待つ
市販のおから煮付けを用意し、ゴボウ揚げを乗せ食する
ミスマッチな食感がたまらなく美味いはず・・
  
味覚は私有財産である。
自分が旨いと思えば旨いのである。
恵まれた食の世界は、あの手この手と食う人を待っている。
食った後の食物効果を考えることは、体に思いやりを施すことになる。
その行為は食を楽しむことになる。
食情報に振り回せず、目先の食欲に負けず、先を見越し自分流食文化を築こう。
[PR]

# by pepe_info | 2014-02-04 10:46 | 雑記  

平成26年 1月の便り

2014年  平成26年一月  

賀正  おめでとうございます
本年もなにとぞ宜しくお願いいたします


良くも悪くも2013年は今日という日を記に、過去のものとなりました。
やり直しのきかない時の流れは、日々となり月日になり年となって締めくくられる。
いかに満足しようが不満足に足掻こうが、時の流れなど一瞬足らず止められない。
人の生きる過程に彩り添えようが添えまいが、時の流れになんら支障も来たさないのである。
人はそんなこと理解済みのくせに、なにかに期待し満足に浸りたいと思い、なにか形めいたものを残そうとする。
きっと今年も去年と同じように、なにも残せないのを知りつつも歩むのである。
否定的な日々を送りたくないから・・。
 時の流れは次第に早く感じられるのは、この期待を抱く性かもしれない。
楽しく感じられた日々は、なんどでも何日も続けたいと思う。
逆に嫌な日々は、素早く逃れたいとか切り捨てたいとか思う。
人はそんな叶わぬことを神に願い、二年参りや初に出掛ける。
家内安全・無病息災・商売繁盛・・etcと、人が神に縋る願いは様々である。
いずれにせよ、苦しいより楽に暮らせた方が良いにきまっているわけで。
せめてそれぞれに見合った普通を望むところであろう。
とは言え、人は実に色々なことを遣らかすもので・・。
毎年様々な事件を普通に営む我々に披露してくれる。
せっかくなおもてなしの心が余計な見返り強請るから、始末の悪い結果を導いてしまったりする。
結局、貸し借りリスクが招いた、弁護弁解弁明が演ずる喜劇的付け社会の代償であろう。
人は私利私欲からの悪さが好きであり。
もし悪さ発覚したら一先ず侘びて事収め、帳消しするのが好きなのであろう。
人はどうも勝手に悪さし腐り身勝手に誤り反省し、悔い改めた気になって、け・じ・め・とイーブン化し終わらせたいようだ。
悪さの付けなど、命尽きるまで終わらぬことも知らないで・・・。
今年こそ悪さのない年にしたいものである。
自分にお・ご・ら・ず、おごらず。
他人にお・ご・ら・ず、おごらず・・・。

pepe簡単基本クッキング───
おせち料理に飽きたら・・
さっぱりほんのり甘酸っぱいトマト風味リゾット

 用意するもの
     米・・・・300g
     にんく・・一片
     玉ねぎ・・二分の一
     トマト・・一個とトマトジュース小さい缶一本
     水  ・・600cc
     パセリ・・少々
     オリーブオイル・・小さじ一杯
1、平鍋を用意しオリーブオイル入れニンニクを弱火にて炒める
2、玉ねぎをみじん切りしその鍋に入れ同じ火力にて炒める
3、米はさっと水洗いし水を切りおく
4、2の鍋に3の米を入れ透きとおるまで炒める
5、トマトは角切りして4に入れトマトジュースを三分の一入れる
6、蓋はせずよくかき混ぜながら、水とジュースの残りを入れてゆく
7、炊き方もパスタ同様アル・デンテに仕上げる
8、塩、こしょうで味を調え、パセリのみじん切りを入れ、出来上がり
  料理は人から聞いたり見たりして教わるものだが。自分でやってはじめて会得できるもの。失敗しても他人の性にせず、失敗など恐れず創意工夫し体験持って習得しよう。人は好きなものは必ず会得できるものだ。
   
[PR]

# by pepe_info | 2014-01-07 13:11 | 雑記  

12月の便り

十二月、2013年最終章の月を迎えました。
過ぎ去った過去を振り返り、前に進むしか術のない時の流れ。
やり直しが利かない過ぎ去った時間の束は、悔いばかり山積された月日の峰々に例えられよう。
この連山は自作自演した証であるのに、満足しきった峰が見つからない。
美しくもなく絶景にランクインしなかった峰を、今年も去年と同じ場所にて眺め見る。
出るのはため息と残尿感である。
出し切れなかったパワーを物語っているよう。
こんな自分をどうやって褒め称えようぞ。
だた過ぎ去ってしまった日々の記憶を、月捲りカレンダーになぞってみるが下絵すら浮き出てこない。
 否定的な書き出しで失礼かと思いますが、事実は無根でありまして否定できないのです。
皆さんの今年はいかがだってしょうか。
余すところ一ヶ月とか、まだ一ヶ月あるじゃないか、と思う人もいて、満足された人を羨んでしまう自分が居ります。
一生懸命やればどうにかなる、という正直者めいた生き方に、疑いの眼を浴びせかけたいほどです。
人は皆、迷っているようです。
何に迷ってよいのかわからない迷いに・・。
それはきっと満足しきれない迷い探しのためでしょう。
探し物は何でしょう、と人に尋ねてみたところで誰も教えてくれない。
では、新規一転巻き直し、とばかりに次なるカレンダーが配布される。
真新しい紙に書かれた手付かずの十二枚の数字郡・・。
何度繰り返したら満足できるのか、の想いを抱き赤い字と曜日を追ってみる。
想像の枠から出きれない未使用の日々。楽しみなのは開封前の一時だけ・・。
明けてしまえば去年と同じリピート。
 さあ、余す日々を充実させ来年にバトンタッチするしかないでしょう。
自分さえ頑張れば人も輝いて見えるもの。
頑張りましょう、の一言しかいえないのが悔しいが。
頑張ってみましょう、と返すしかないでしょう。
何に向って頑張るのか探しに出掛けましょう。


年の瀬 今年のラストクッキング
イタリア風シルクロード餃子・・・ペペ風ラビオリ
今回は年の瀬と題して忙しく慌ただしい中に、ちょっとホッコリするようなしないような料理を一品ご紹介します。

ご用意するもの・・・餃子の皮<お人意様五枚>
牛挽き肉<お一人様50グラム>
玉ネギ又は長ネギ適量
ニンニク<お一人半片>
赤ワイン 少々
バター、オリーブオイル 少々
薄力粉 小量<大さじ一杯>
ウスターソース  少量
       
さてクッキング・・
玉ネギか長ネギをみじん切りにし、ニンニクもみじん切りにして、バターでソテーしてください。
ネギがしんなりしてきたら挽き肉を入れ鍋に当たらないよう炒めてください。
軽く塩、胡椒して・・
炒ったら火からフライパンを下し、小麦粉を導入し切るようにして混ぜる。
弱火にして再びフライパンを火にかける。
ここも切るようにして万遍なく炒める。
赤ワインを入れ団子状になっても捏ねてください。
団子状になった状況を水を入れて耳たぶ位にのばす。
そこへトマトケチャップ、ウスターソースを導入しちょっと練り溶く。
バットで熱を取るように広げ冷ます。
さて、餃子の皮を出して餃子作り
餃子とまったく同じ要領で餃子作りに専念して・・・
出来上がったら鍋でお湯を沸かして・・。
その中に餃子をポイッと入れ茹で上げて、その間にフライパンを温めておいて・・。
餃子は湯から吹き上がったらO・Kね。
フライパンにオリーブオイル引いて下ろして置いて・・
そこへ茹で上がった餃子を並べ置く。
フライパンに蓋をして火にかける。
茹で上がっているから生・・なんて心配なし。
焼き色とパリッとした触感を味わいたいから・・。
焼き上がったら焼き色を表に皿に盛り付け、上にイタリアンパセリとハーブミックスをお洒落に添えて・・。
取り皿にバルサミコ酢とオリーブオイル入れて置く。
さあ、召し上がり段階へ・・
ラビオリと言おうか餃子と言おうか、ともかくバルサミコ酢とオリーブオイルの名コラボソースを、ハーブと餃子と一緒につけて召し上がってください。
[PR]

# by pepe_info | 2013-12-03 09:21 | 雑記